子供のしつけ

子供を見ると親の教育方針がなんとなくわかりますよね。遊びに来た時の態度が、いいこと悪い子小学生になると大きく分かれます。
しかし・・・・挨拶とか表面的なところの教育が届いていて、一見するとお行儀のいい子がいるけど・・・じつはとんでもないって子もたまにいる。

なんだろう?お行儀のよさを親に叩き込まれた分、性格まで押さえつけられちゃった感じがします。
親の前ではとってもいいこなんだけど、親がいないとちょっと悪いことをする。けど親も「自分の子供はとってもいいこ」と思い込んでいるので厄介だ。

あとは、特にしつけのようなのもをしていなくのびのびと育てている感じの子。その反面ずうずうしい。
勝手に家にあがっては冷蔵庫を開ける子もいる。普通ありえないけど・・・・そういう子がいることは事実。

その子の親はどうしているんだろう?とは思う。そういった子を見ると、「お友達の家でそういったことしていないよね?」と聞いてしまう。
うちは幸い、あまり友達の家に行くのが好きじゃないようなので大丈夫そうです。

悪いことは悪いとちゃんと教えていかないとダメですね。って当たり前の事なんだけどね。

うちはたまに遊びに行く友達宅でどんな感じだったのかすっごく気になるし、イチイチ電話します。また悪いことをしたら教えてもらうようにしています。(もちろんその場でも叱ってほしいともお伝え済み)
あまり親を知らない子だと難しいけどね。

後々のことを考えても小さい頃のしつけって大事だと思う。例えば、テレビゲームなどは、面白いから子供はやりだしたらとことんやってしまう。そういう時に、しつけができていないと中々それを辞めさせることができない。
そうなると、勉強もおろそかになるでしょうし、視力も低下する。

今はレーシックやオルソケラトロジーもあるけど、それだってかなりお金が掛かってしまうからね。

Comments are closed.